2007年11月01日

クラッチカバー溶接補修

kabatig1.jpg
キックの位置が悪いのかケッチンのせいなのかカバーにキックアーム激突でクラックが。SRではよく見かけます。ひどいときはクラッチバスケットにまでダメージがあることも。
製作中のスペアエンジンのカバーもこんなことに・・・
某オクにて仕入れたものですから仕方ないか・・・
kabatig2.jpg
かなり凹んでますがなんとか修復するためにリューターで表面を削り飛ばします。アルミの溶接は下地が大切。
kabatig3.jpg
なんとか目立たなくなりました。どちらにしろ今回はカバー類はブラック塗装しちゃいます。なんせバフ仕上げは維持が大変。
そろそろツーリング行かないと寒くなりそう・・・
11日か18日くらいでどうでしょう?冬用ジャケット買わなきゃなぁ


posted by LOOSER at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SR595
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6373742
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック